資格 将来有望

土地家屋調査士の資格を東京法経学院でとる

東京法経学院は、有力資格に特化した資格取得を目指すスクールです。

 

特に土地家屋調査士は毎年合格占有率8割強の実績を誇る名門校です。
土地家屋調査士 測量士補のほかに、行政書士、司法書士などの講座があります。

 

法律系資格取得のための通信・通学講座、書籍・参考書などの出版物や各種教材を取り扱っていますし、割引システムも充実しています。復興応援割引として罹災証明があれば50%OFF。変わったところでは、ゴールド免許を持っていれば30%OFFとなります。

 

教育訓練給付制度を利用すれば、学費の20%が支給されます!
下記、取得方法の説明あり。

東京法経学院の特徴

調査士受験の「答練」は、40年以上に渡って開講し、圧倒的の多数の合格者を輩出しています。
特に他校と比較して、「歴史と実績が違う」「指導講師が優秀」「出題内容が常に新鮮」等が挙げられます。
「答練」の受講目的は多数の受験生との競合いの中で、弱点を克服し、一歩一歩、合格力を蓄えます

 

年間のスケジュール

受験が8月なので、約10ヶ月かけて学びます。

 

通学 10月中旬開講
通信 11月中旬発送

 

特別なコースで
短期合格コースなどもあります

コースと学費について

通学、通信(WEB DVD)など、いろいろな組み合わせも選べます。
近くにスクールがある場合は、通学したほうが短期集中で合格が可能です。
欠席しても、DVDによるバックアップがありますし、DL(ダウンロード)による補講なら自宅で何回も学習できます。

 

コースと学費はこちら
土地家屋調査士試験合格サイト 東京法経学院

 

土地家屋調査士は教育訓練給付金制度適応講座です

働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。

 

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)又は一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する 教育訓練を受講し修了した場合、受講生本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額(上限10万円)をハローワーク (公共職業安定所)から支給されます。

 

教育訓練給付金制度のページ

 

 

 

 

ホームに戻る

土地家屋調査士の資格 東京法経学院関連ページ

ユーキャン
将来有望な資格を取りたい人のサイト。どんな資格をとっていい川からない人の参考になるサイトです。今人気のあるサイトはすでに飽和に向かっています。ライバルが少ない資格でいきいきと仕事をしましょう。