資格 将来有望

土地家屋調査士

 

難関国家資格ですが、希少な資格です。

 

9割以上の受験生は測量士補資格を取得して調査士試験を受験します。

 

登記のオンライン化が進んでいるので、インターネットに詳しい若い調査士が必要とされているのでチャンスです。


 

資格概略

土地や建物の所有者の依頼を受け、法務局に不動産の表示に関する登記の申請をし、そのために必要な測量や調査をおこなう国家資格者。不動産登記のスペシャリスト。とくに土地の境界のプロ。

難易度

  かなり難関

仕事で活躍する場

不動産、建設系の企業。独立できる資格としても有力

収入

400から500万前後。独立すれば、上下はいろいろで、1000万円も視野にはいる。既得権の強い業界なので営業力が決め手

豆知識

行政書士や司法書士の資格を取るとさらに仕事アップ。

 

土地家屋調査士の資格にチャレンジする

 



 

 

 

 

ホームに戻る